あの"一言カフェ”に、シャンソンの歌声が・・・・。

 この5月のお茶の香ロードでは、昭和中頃に(株)一言さんのお茶事業を支えた旧茶工場が雰囲気のある催し会場としてデビュウしましたが、ここを訪れた方々から、”ここをイベント会場に使わしていただけないだろうか?”という相談が来るようになった、ということです。一言社長さんは、その企画の内容をお聞きして、さしつかえないものと判断したら、なるべくお貸しするお考えをしてくれているようです。10月19日の夜は、市内のシャンソン愛好家の集いがこの会場で催されること知り、会場を覗かせていただいた。100人以上の聴衆が、歴史と茶渋の染み付いた、天井高のある大きな空間の中で、さりげなく茶箱に腰掛けて、3~4人の女性歌手の歌声に聞き惚れている。
ーそれぞれの歌手の方の歌唱力もなかなかのもので、集まったみなさんが、気持ち良さそうに、その歌声とピアノ演奏と時空間を楽しまれている。自分も、なにか、若い頃、ヨーロッパの古い街をひとり歩きした時の、その風情を思い出して良い気持ちになっていました。こんな素敵な時間を提供してくれた歌手の皆さん、そして会場を提供してくれた一言家のみなさん、ありがとうございました。(藤枝の夜の街が、どこの町にもある居酒屋だけで占められることなく、こんな夜のように、市内に住む色んな人の芸や技に直に接して楽しめるようになったら、そんな機会が多くなったら、もっと藤枝ライフがもっと魅力的になる、そんな感想も持ちました。休憩時に出してくれた、抹茶の美味しかったこと!藤枝は、”お茶と芸事の町”なり)
d0022550_16531327.jpg
d0022550_1654171.jpg

[PR]
by ochaji | 2008-10-27 11:47 | ■ 理事・会員の日記